RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

住宅リフォーム・住宅新築で100%後悔しない本物お役立ち情報!

住宅リフォーム・新築関連情報満載! すべてを知り尽くした(元)住宅リフォーム・住宅新築ベテラン営業マンがあなたをエスコート!早まるな!慌てちゃダメ!じっくり研究しましょう!住宅リフォーム・住宅新築に関する価値ある情報を提供します。
<< 趣味に集中できる癒しの空間が欲しいなら! | main | リフォームでオール電化住宅にしたいなら! >>
リフォームで高気密・高断熱で快適プラス冷暖房費を削減したいなら!
◇リフォームで快適に末永く暮らせるいえにするなら、家全体の基本性能も直せるところは直しましょう。
夏は涼しく、冬は暖かく過ごして、冷暖房費も削減するには気密性と断熱性が重要です。

◇リフォームの場合、新築のように家全体に断熱材を施すのか、部分的にしっかり囲んで断熱性の良い空間をつくるのかを決めないと、中途半端では効果が薄いです。

◇家全体の断熱性・気密性を高めるメリット!

 1:冷暖房効果が長く持続し室温を保つことで、光熱費を削減。
   (冬の早朝の起きたときが底冷えしなくて快適!)

 1:場所ごとの温度差を減らすので、ヒートショック対策にもなる。
   (夜にトイレに行くときも快適!)

 1:大きい空間や吹き抜けなどの開放的な場所も室内温度が保たれる。

 1:腐りの原因ともなる、結露を防止します。

◇断熱性・気密性を高める時の注意点!

 1:家全体をすっぽりと包む必要があります。(リフォームでも)

 1:各居室が密閉されるので、換気設備も必要です。

◇断熱の方法

 1:内断熱
   壁の内側、柱の間に断熱材を貼り付けまたは、充填します。

 1:外断熱
   壁・柱の外に断熱材を張ります。

◇断熱性と気密性を高めるには、窓にも注意しましょう。
 複層ガラスには空気層の厚いもの(12mm以上)を選びましょう。
 断熱効果が高いです。
| リフォームの準備 | 17:00 | - | - | - | - |